TOP

 本サイトリニューアルです!

今年こそ儲かる花屋さんになって下さい!

たくさんの花屋さんの勉強ができます。
こちらからどうぞ(*´ω`*)

 

 

NEWS

仲卸しって結構「高い」ですよね・・・。

ここのところ、また高くなってないですか?

花屋の原点でもある仕入れ価格が安くなったら

ずいぶんと利幅が取れるようになるのでは?

でも、競り番を取ることはお金もかかるし大変ですよね?

現実的に、この仕入れについて相談されることが最近多いです。

 

 

そこで!

 

 

もし、需要があるようでしたら、

競り番を持っている花屋さんに大量に仕入れてもらって分配

をすることを考えています。

 

それなに?ちょっと詳しく見てみた!私も参加したい!という方は
以下フォームより詳細をご請求してください。

 

もちろん「無料」ですので、ご安心ください!

二島の一方的感覚で「その仕入れ方法は便利!」なんて

思ってるだけの場合は『大きなお世話』状況になると

悲しくなるので、必要かも!

と思う方だけ詳細を請求して下さい。

仲卸しを利用しないで仕入れる方法の詳細を見る! ←こちらからジャンプ!

 


 

このページは、お花屋さんになる為の「普通の勉強方法」

ではなく、きちんと「花屋として食べていけるようになる勉強」をお教えしようと作ったページです。

 

インターネットで、花屋さんの開業方法を検索すると
わかると思いますが、開業がゴールとして書かれて
いるものが大変多い事
に気付かれると思います。

 

開業がゴールであれば、誰でも簡単にできますよ・・・。

 

花屋さんを始めたならば、毎日毎日「利益」を出して
いかなくてはいけません。

 

では、どうやって「利益」を出すのか?

 

花屋を開業すると、花や雑貨を仕入れるだけでは
「売れない」という現実に落ち込みます・・・。

 

なぜ売れないのか?

 

それは、お客さんを毎日毎日安定的に誘導する事ができないからです。

 

売るものはあるけど、買ってくれる人がいなければ

せっかく仕入れた可愛いお花たちをすべて、「廃棄」する事となります。

 

そうならないようには、お客さんをきちんとどこから集客するのか?

そして、何度もリピートしてもらうのか?

 

また、大型の注文を取るには?

毎日3万円の胡蝶蘭が飛ぶように売れたら、
こんな最高なことはないですよね?

 

等々の「あなたの知らないこと」をきちんと知ってしまえばな~んて事ありませんよ。

 

だいたい、花屋さんてものすごくシンプルな商売なんですよね・・・。

 

あなたのセンスで仕入れた可愛いお花屋雑貨たちを「わぁ~可愛い」と言って

買ってくれうお客さんがいれば済むことです。

 

しかし、これが難しい。

 

花屋開業時には、物珍しさでお客さんが来てくれますが

その後はどうでしょうか?

 

 

お店の開業方法、助成金の申請方法、
国民金融公庫の申請方法や実際に開業する時には
いくらかかるのか?時間はどれくらい?最初からスタッフは?車は?

 

等々は色々な先生方が方法をインターネット上にたくさん載せてくれています。

 

なので、私は違う角度であなたにお教えしたいと思います。

 

花屋になる前の方は、スタートしてすぐに給料が出る方法
や赤字無しで、そして無借金で始める方法・・・

 

具体的には、実際にどうやったら、お客さんを連れてこれるのか?

 

また店舗がなくても(無店舗)始める方法・・・

 

をこのページでお話していこうと思っています。

 

それと大事な話ですが、せっかく花屋を始めるんですから

普通のサラリーマンと同じくらいの給料なんてのはダメです!

 

もっと収入がないと「かっこいい花屋」にはなれません…。

 

最低でも、給与として一日3万円は稼げる花屋になる情報をお伝えしたいと思います。

 

私は、何もナイナイ尽くしから花屋を始めたので、

店舗も冷蔵庫も人脈もお金も何もない状態から始めても

きちんと「売れる花屋」を作ることができました。

3時間で80万円を売り上げる(無店舗)販売方法も実行していました。

 

もちろん、普通の花屋さんはしないような方法ですが・・・笑

 

数々の面白い「花屋の売り方」でお客様のハートをわし掴みでした・・・笑

 

私の経験に基づいた、花屋の利益の出し方をお伝えします。

花屋を開業したい方や、現在花屋さんで「集客」という

大きな壁にぶち当たっている方、花屋の単価が低くて

利益がなかなか出せないという方へ

 

「間違いなく売る方法」をこのページで書いていこうと思っています。

 

二島由美子

Comments are closed