無店舗だって稼げるよ!

今だからこそ、集客は簡単です!

なんて強気で言っていますが、

つい10年前はお客様を探すことが苦痛でしょうがなかった…。

でも、自分で会社を立ち上げた以上

お客様を取ってこなければ話にならない。

会社はあっという間に潰れちゃうんです… 現実です。

お客さんがいない時は、なんとかしないと!という現実が

のし掛かり、この私が飛び込み営業までしていましたよ。

ご想像通り…

そりゃあ、ぼっこり凹みます・・・。

毎日毎日凹みます。

『ある日…』

いつもより多く仕入れてしまった「ピンクのカスミ草」

27ケースもあった・・・。

 pink

そこで、1件1件ピンポンして
「カスミ草はいらんかね?」と、営業をかけていました。

重たいしエプロン、ビチャビチャになるし…

寒いし…。

結果は惨敗!

冬になるぎりぎりの季節で、小雨が降って寒い日だったのも

影響していると思いますが…

あるお宅へ営業すると

インターフォン越しの奥様に一言。

『電話してから来てよ』…怒

え?

電話番号知らないし…。

そんな一言を言われた途端

何をやってんだ私は…という気持ちになり

その一言を言われるまでは、1件につき、

ゴリ押しで10ポットずつでも売れれば良し!

なんて思っていたのが、当然のことながら「やる気」が失せた・・・。

そうなると、私の悪い癖で「開き直る」。

その時!

目に付いたのが、とある会社の枯れ果てた花壇。

そのまま売り込みに行こうかと思ったのですが

また、怒られるのが嫌で・・・

会社の看板に電話番号とFAX番号が書いてあったんです。

で!

FAXしたんですよ。

 電話でなく…笑

内容はというと、

花壇の花達より…。という題名で

もう冬です。

夏の私たちは疲れ果てました…。

どうか、冬の花達にバトンタッチをお願いします。

と…。

丁度、多く仕入れてしまた「ピンクのカスミ草」が嘘のように

御社の花壇のスペースがマッチしています。

卸値で良いので、植えさせて頂けないでしょうか?

というFAXを送信したところ、20分後にお返事が

粋な会社で…笑

件名:夏の花壇を見守っていた者です。

今まで気づけずに疲れさせてしまいごめんなさい。

どうかその元気なお花を植えに来てください。

と!

もうね、スタッフ一同爆笑と共に、粋だね!粋なんだよ…。

なんて会話したのを覚えています。

そこからがすごいんですよ。

普通なら、花を植えて終わりでしょう?

でも、造園屋さんにも手を出していた私は

すかさず売り込み!

会社のお庭の手入れも

綺麗にしてあげると、会社の運気も上がるそうですよ。

とさらりと営業すると、んじゃあ見積もり出して!と…

とスムーズに順々に仕事を取ることができるんですよね。

これも、「知っていいるか・知らないか?」と言うだけで

利益を生めるかどうかの肝となりますよね。

おまけでドットコムは、たくさんの物語が存在します。

だから、楽しく集客も成功してお客様も楽しんで頂き

どんどんお客様からお客様へ自然と広がっていく

クチコミエンジンを大事にしています。

これも意図的に計算して作る事ができるんです。

Comments are closed